リノベーションが部分リフォーム・建て替えよりおすすめの理由とは?

住宅コラム ,

「一生に一度の買い物」だと思っていた家も、子どもたちが独立するなどの変化で、暮らしづらいと感じたことはありませんか?また「きれいにしたい」「最新機能の設備に変えたい」と思ったり、耐震性や防犯・防火性などに不安を抱いたことはありませんか?

そんなときに考えるのが、「建替え」や「リフォーム」ではないでしょうか。「リフォーム」には「部分リフォーム」と家を丸ごと新築のようにリフォームする「リノベーション」があります。まずは「建替え」、「部分リフォーム」と「リノベーション」を比べてみましょう。

建替え新築

建替え新築となると、耐震補強・断熱性・オール電化など色々なことを取り組みたくなります。また、せっかくだからきれいな家に住みたいと思うものです。しかしながら、それらの要素をすべて取り入れようとすると、それだけ費用と時間がかかり、ローンもちゃんと組めるのかという不安もあります。
また、建替え期間中においても例えば家財道具などを預けたり仮住まいの費用も不安だったり、仮住まいに引っ越すのも大変なことです。着工まで時間がかかったり、建築現場を見に行くのも面倒だという意見もあります。また、施工後の住宅ローン返済も高齢になればなるほど大変にもなってきてしまいます。

建替え新築のメリットは?
・全ての部分の品質の見直しができる
・自由なプランで建てられる
・耐用年数(家の寿命)が長い


建替え新築のデメリットは?
・家の解体・仮住まいも含めて費用が掛かる
・契約から引き渡しまでが長期間になる
・2回の引っ越しが大変

部分リフォーム

部分リフォームであれば、必要な部分だけリフォームするので資金を抑えることができます。ただし、構造をそのまま使うので、できることに制限が出てしまい100%思い通りにはできない場合もあります。部分リフォームの場合は見積から契約・着工までは早く、作業も間近で見ることができるのは安心できますが、着工後に付帯工事や追加工事が加わり、追加工事が発生してしまう場合もあります。とにかくリフォームはスピードが早く、あっという間に完成させたい人には向いていますが、差が目立つから他もリフォームしたくなったり、個別にリフォームしていると費用が増えてしまうことも問題となります。

部分リフォームのメリットは?
・費用を削減しやすい
・工期が短期間ですむ
・生活しながら施工できる


部分リフォームのデメリットは?
・可能なプランには制限がある
・付帯工事が発生することがある
・リフォームの繰り返しは割高になる
・耐用年数(家の寿命)は変わらない

リノベーション

建替えまでは考えていなくても、リノベーションなら自分たちの暮らしに合った家にできるかもしれません。建替えほど費用もかからないため、。自分たちでも手が届きそうだというイメージがわきやすくなります。

リノベーションの場合、構造材などそのまま活用できて割安に、かつ想い出のある部分を残すこともできます。仮住まいの費用も抑えられます。建替え新築と比べてもリノベーションの方が短期間で、品質・性能・美しさともに新築に近い家に仕上げることができます。また、建替え新築と比べて、税金(固定資産税)も有利になります。リノベーションで耐久性が上がり、断熱性が良くなって光熱費も安くできます。

リノベーションのメリットは?
・使える部材が多く総費用を抑えられる
・現状の住まいの良さや思い出を残せる
・プランの自由度が高く、設備仕様を最新にできる
・構造材を手直しすれば、耐用年数(家の寿命)を延ばせる


リノベーションのデメリットは?
・部分リフォームより期間が長い
・必要に応じて調整できるが、それなりの費用が必要
・構造や建築法令の制限が出ることもある

リノベーションのメリットについてもっと詳しく!

リノベーションには、他の選択肢と比べて様々なメリットがあることをご存知ですか?これからの住まいの1つの選択肢として、費用・品質・工期面におけるリノベーションのメリットを詳しくご紹介します。

無料ご相談も受付中

『頭金って、どのくらい必要なの?』『土地が見つからないけど探してくれるの?』など、家づくりのお悩みのことを相談できるワタショウの相談会。郡山三春エリアの方はもちろん、はじめての方でも大歓迎です。LINE@のトークよりいつでも受付中です。

LINE@で相談予約する