社長挨拶:建築のワタショウ 代表取締役 渡邊正二

160115_3

『有限会社ワタショウ』のホームページをご覧頂きありがとうございます。
有限会社ワタショウは、1981年5月渡正大工として注文住宅専門会社をスタートしました。社名は代表の渡邉正二より“渡正”を取り『大工として恥じない仕事をする』と言う志から命名しました。代表は神奈川県鎌倉市の事業所において寺社建築の修行をした経験もあり、現在まで大工の技術が表に出るような住宅を数多く建ててまいりました。
しかし、ハウスメーカーの出現のより大工の技術が隠れてしまっている建物が多くなっている昨今では有りますが、技術の継承も大事だと考え、『後継者を育てながら技の見える住宅造りを』と心がけてきました。現在では住宅政策も省エネなどが取りだされるようになり、住宅の工法もハウスメーカーの誕生と共に様々な工法が出てまいりました。我が社も時代に即した良い工法を習得したいと思っていた時に株式会社LIXI(旧トステム)で開発した『スーパーウォール(SW)工法(高気密・高断熱・高耐震)と出合いました。

当初は施主さまの希望で一般在来工法とSW工法の家を造ってきましてが、ここ数年はSW工法のみをおすすめしております。なぜそこまでSW工法にこだわるのかと申しますと、今まで数多くの住宅工事を経験し、SW工法の良さが他のあらゆる工法と比較しても比べ物にならないほど素晴らしいと断言できるからです。

 住まい造りの目的は楽しい人生を送る事が出来なければなりません。それには資金計画すなわち住宅ローンの選び方も大きなカギとなります。住宅を完成させることだけが目標でなく、当社では、住宅は健康で楽しい人生を送るための一つの道具だと考えております。
良い住宅を実現するため、当社ではすべてのお客様に賢い住宅ローンの選び方と日々の健康維持のためにアイキャス工法(マイナスイオンでいっぱいになる部屋)を説明させていただいております。

 創業35年の経験を活かし、これからはより訂正な価格で多くのお客様に安心で安全な住宅を提供してまいりますので、よろしくお願い致します。

代表取締役 渡邊正二

ワタショウ 資料請求(無料) 電話をする

ワタショウの家づくり

ワタショウのリフォーム

最近読まれている記事は?

内覧会の予約はこちら