男の趣味の家:ワタショウがつくる『趣味の家』とは?

住宅事例 ,,,,

ひそかに男は思っている。
男が家に求めるものは、快適さや便利さだけじゃない。自分の世界を楽しめることも、家の機能の一つだと。

1Fには大切な愛車とボートを格納し気の合う友人と語らう空間をつくる。プラベート空間は2Fに集約し2つの玄関で、自分の世界とプライベートをしっかり分ける。俺のための時間が流れる「男の趣味の家」がここにある。

愛車とボート専用ガレージ

141103_13外観は2階テラスを中心に窓をシンメトリーに配置。1階は3分の2以上が愛車とボートを格納するガレージ。

光あふれるLDK

141103_142階は白をベースに黒と赤でコーディネート。間取りは施主様が温めていたイメージを基に設計士が細部を調整。

趣味とプライベートをわける間取り

左手に1階の趣味室に通じる玄関、その裏側にもう一つ2階に通じる玄関を配置。2つの玄関が趣味室を楽しむ1階とプライベート空間を集約した2階をしっかり分けています。

愛車を眺めながら仲間と語らう

大理石調の黒いフローリングと白いソファーにシンクのパネルヒーターやカーテン生地が映える1階の趣味室は、ときには仲間と共に語らう空間に。

フルオープンの開放感

南側の窓には全開口サッシを採用。フルオープンにするとリビングとテラスが繋がり、よりいっそう開放感のある空間に。テラス周囲は上質感のあるポリカーボネイトで囲いプライバシーを確保。

こだわりのカタチに

リビングの壁に設けたニッチ。実は壁内の設備機器をカバーするためにつくったもの。コンセントやスイッチもメタリックな物で統一。細部までこだわりが見られます。

カウンター部分をアールにして間接照明を埋め込んでいます。ガラスを通して広がる光が室内をラグジュアリーな雰囲気に。

充実のプライベート空間

2階はLDKを中心に大容量のウォークインクローゼットと主寝室、洗面脱衣室、ゲストルームなどプライベートな空間を集約。

『男の趣味の家』建物情報

用途地域 第二種住居地域
建蔽率60% 容積率200%
建物構造 木造2階建て
敷地面積 345.71㎡(104.36坪)
建築面積 74.25㎡(22.41坪)
延床面積 142.15㎡(42.91坪)
1階面積 72.59㎡(21.91坪)64.17㎡(19.37坪)
2階面積 69.56㎡(20.99坪)
工法 SW(スーパーウォール)工法
各種認定 長期優良住宅

無料ご相談受付中

『頭金って、どのくらい必要なの?』『土地が見つからないけど探してくれるの?』など、家づくりのお悩みのことを相談できるワタショウ相談会。はじめての方でも大歓迎!

相談会を予約する


関連記事


8:00~18:00

日・祝祭日

0120-448-296

お問い合わせ

ワタショウ
資料を請求する

内覧会の予約はこちら

ワタショウのお得な情報は…