子ども部屋の間取りで最も悩みの多いのは?間仕切りは撤去できるように。

家づくり

160428_16

まず、何部屋必要か?どれぐらいの大きさにしようか?続き間でよいか、それとも間仕切りが必要か?どの方角に配置しようか?悩みの多い子供部屋。

最近の傾向としては、住宅自体が省エネでコンパクトな間取りが増えてきたので、子供部屋そのものが、あまり大きく取れなくなってきました。

それと、コミュニケーション重視の世帯が増えてきたせいか、子供部屋は、学校の道具類が収納できる程度の収納と寝る場所さえあればいいという観点から、3帖程度の広さがあればあとは十分と言うご家庭が増えております。

結局、余裕のある広いスペースを与えてしまいますと居心地が良くなってしまい、結果、自分の部屋に引きこもる時間が増えてしまうからです。最近は、勉強もリビングなど、ママの目の届く場所でする事が多くなっており、そこまで、広いスペースがいらなくなっています。

もしくは、寝る部屋と勉強する部屋を分けて配置し、勉強部屋は兄弟がいれば子供立ちが共同で使える共有スペースとして一緒に勉強する事で、お互いに思いやりの心や競争心がめばえる事もあるかもしれません。

それから、よく聞かれるのが部屋の間仕切りですが、最初は部屋も広く使えるようにオープンにしておいた方が良いか?それとも、最初から間仕切った方が良いか?

悩みどころですが、お子さんの性別や年齢によってもタイミングが異なるでしょうが、お子さんが巣立ってからも広い空間として使えるように、間仕切りは撤去が可能な構造をお勧め致します。


資金計画アドバイザーの無料相談受付中。

170419_0

『頭金って、どのくらい必要なの?』『土地が見つからないけど探してくれるの?』など、家づくりのお悩みのことを相談できるワタショウ相談会。はじめての方でも大歓迎!

相談会を予約する


ワタショウの家づくりとは?

無料で資料贈呈中

今すぐ資料請求 ワタショウ

ワタショウの家づくり

ワタショウのリフォーム

最近読まれている記事は?

内覧会の予約はこちら