2018.07.01

7/21,22 『一日中安定した採光が望める家』完成内覧会

イベント ,,

2018年7月21,22日
①10:00~ ②11:30~ ③14:00~ ④15:30~

「一日中安定した採光が望める家」って?

敷地は南道路に間口が広く面した条件の良い敷地ですが、比較的交通量も多く、建物をあたりまえに北側に寄せて南側に庭をとるような、従来の配置に向かない場所でした。息子さんがバスケットを習っているので、庭で練習する事も想定した上で、むしろ北側に庭を配置して、ボールが道路に飛び出さないように建物を道路側に寄せた配置にしたところ、北向きの窓の配置になり、表と裏が逆転したようにも見える外観デザインとなっております。
北側採光は安定した自然光を取り入れる事ができ、紫外線などの直射光が入らないので天気にも左右されず、一日中安定した採光が望め気持ち良い空間づくりに適しております。

きっかけは?

いつかは夢の一戸建てを建てたい!という願望はあったもののチャンスが巡って来ず、夢のままでしたが、昨年、ひょんなことから土地の相続の話しが持ち上がり、ご主人の実家の直ぐ隣の土地を叔父様から譲っていただける事になりまして、マイホームの計画を進めるきっかけとなりました。
弊社との出会いは、弊社が主催する「家づくり相談会」にお越しいただいた事がきっかけで、イベントにお越しになる前は展示場巡りをされていたようですが、ほとんどの量産メーカーを見学したところ、どこもピンとこなかったとおっしゃられていました。
そんな時に、arukuに資料請求をしたところ弊社から資料が届き、木造住宅を扱う工務店も検討する事になり弊社とのお付き合いがはじまったとの事です。

ワタショウでは、常に標準採用のSW(スーパーウォール)工法、木造軸組工法2階建ての住宅です。SW工法とは、高気密・高断熱住宅の一つで、快適な住環境を創るには最適な工法です。
今回はこのSW工法で、「平成29年度地域型住宅グリーン化事業」において、長期優良住宅の申請をしたところ100万円の補助金交付の決定を受けました。長期優良住宅とは、長寿命で低炭素な住宅にしていこうという、国が定めた住宅の新しい基準です。今年度から「BELS」と言う第三者機関の認証を受ける事ができるようになりました。「BELS」とは、全ての建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度で、その建築物の格付けが星印で表示されます。ちなみに、こちらの建物は、星5つを獲得した優良物件です。当日は、その獲得法や、設計のポイントなど詳しくご説明いたします。

敷地面積  213.47㎡(64.44坪)
延べ床面積  96.82㎡(29.22坪)
1階面積   50.20㎡(15.15坪)
2階面積   46.62㎡(14.07坪)

無料 ワタショウ無料相談受付中。

『頭金って、どのくらい必要なの?』『土地が見つからないけど探してくれるの?』など、家づくりのお悩みのことを相談できるワタショウの相談会。郡山三春エリアの方はもちろん、はじめての方でも大歓迎です。

LINE@で簡単予約できます。