2018.07.24

土間のある家:元美容師の奥様がご自宅でヘアカットもできる『土間のある家』

住宅事例 ,

もともと美容師をされていた奥様。現在は専業主婦として子育てに忙しい毎日をお送りですが、ご家族のヘアカットは奥様がされているそうで、現在は賃貸住宅にお住まいのため、お風呂場などでカットをされているとうかがい、心置きなく家族のカットができるスペースとして、土間を取り入れることにしました。

第一子のお子様が小学校入学を控えているのがきっかけで、家づくりを考え始めたそうです。建築する際は、ご主人のご実家のそばでと思っておられたようで、大槻界隈で土地探しがスタートしました。弊社との出会いは、弊社が主催する「家づくり相談会」にお越しいただいた事がきっかけで、イベントにお越しになる前は展示場巡りをされていたようですが、ほとんどの量産メーカーを見学したところ、どこもピンとこなかったとおっしゃられていました。

南西側外観、シンプルな箱形形状で、外壁材にはガルバリウム鋼板を採用し、アクセントにレッドシダを貼りました。いずれも施主様の要望で、出会った頃から外観のイメージはかたまっておられました。


北東側外観、北側の為、水廻りが集中し、大きさや取付高さが違う窓が集中する面ですが、道路側で玄関側でもあるので、見た目を優先しあえて窓を少なくしました。

家族のヘアサロンにも使い方いろいろの土間スペース


玄関ドアを開けると広がる土間。1Fは通路をはさみ写真の左手に土間スペース、右手にリビングダイニング+キッチンを配置。南側には来客用の和室もあります。


土間の上部には吹き抜けが広がり、天窓から明るい光が降り注ぎます。ヘアカット以外にも外遊びの道具や自転車を置いたりと、便利に使えそう。

みんなの笑顔が集うリビング・ダイニング


リビング・ダイニングは、ごはんを食べたりテレビを見ながらくつろいだりと、家族が一緒に過ごす空間。ダークブラウンを基調にした落ち着いた色づかいがステキ。


テレビボード側から土間を見たところ。キッチン前面には大きな収納を配置。右手の棚には家族の写真やキャンドルを飾って「見せる収納」を楽しむそう。

LDKの中心に配置、見守りキッチン


キッチンはリビング・ダイニング、土間、和室まで見渡せる位置に。お気に入りの雑貨を飾れるように背後には「見せる収納」を楽しめる棚を設けています。

日当たり良好、くつろぎの和室


ご主人が「どうしても欲しかった」と語る和室。ふすまのモダンな色使いもお気に入りだそうです。

2階、階段ホール


あえて廊下を広く取り開放的な間取りとしました。個室を広くとるよりは、家族が集える場所を充実させる狙いです。それから、ベランダ側の窓ギワは、洗濯物を干せるスペースを設けており、共働きのままには重宝します。


階段を2階ホールから見下ろした様子

ワタショウでは、常に標準採用のSW(スーパーウォール)工法、木造軸組工法2階建ての住宅です。SW工法とは、高気密・高断熱住宅の一つで、快適な住環境を創るには最適な工法です。
今回はこのSW工法で、「平成29年度地域型住宅グリーン化事業」において、長期優良住宅の申請をしたところ100万円の補助金交付の決定を受けました。※長期優良住宅とは、長寿命で低炭素な住宅にしていこうという、国が定めた住宅の新しい基準です。

今年度から「BELS」と言う第三者機関の認証を受ける事ができるようになりました。「BELS」とは、全ての建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度で、その建築物の格付けが星印で表示されます。ちなみに、こちらの建物は、星5つを獲得した優良物件です。

『土間のある家』建物情報

用途地域 第1種中高層住居専用地域
建蔽率 60%
容積率 200%
建物構造 木造2階建て
敷地面積 155.61㎡(46.97坪)
建築面積 59.62(18坪)
延べ床面積 101.02㎡(30.49坪)
1階面積 54.65㎡(16.49坪)
2階面積 46.37㎡(13.99坪)
工法 SW(スーパーウォール)工法
各種認定 長期優良住宅

無料ご相談も受付中

『頭金って、どのくらい必要なの?』『土地が見つからないけど探してくれるの?』など、家づくりのお悩みのことを相談できるワタショウの相談会。郡山三春エリアの方はもちろん、はじめての方でも大歓迎です。LINE@のトークよりいつでも受付中です。

LINE@で相談予約する