こだわって、ずっと思い描いていた
暮らしを手に入れよう!

一生住む家なのに、そんなに簡単に決めちゃっていいですか?せっかく家づくりをする のだから、こだわりましょうよ!と私たちは話します。

一生住む事を考えたら、もし30歳で家を建てた場合、80歳まで住んだとして50年間、時間に直すと約438,000時間、その家で暮らす事になるわけです。

だからこそワタショウでは、打ち合わせにとことん時間を掛ける事にしております。一生に一度の家づくりですから、せっかく建てる家なので、こだわって、ずっと思い描いていた暮らしを手に入れましょう!

家って、好き勝手に建ててしまいますと、後で後悔するはめになりますので、よくよく考えて建てていただきたいのですが、まず、家づくりをする上で、ライフサイクルを考えずにはいられない訳で、今、日本が置かれている状況 それらを紐解いていけば、全てが解決する訳なんですが、こちらの数字をご覧ください。「2 65 85」ご覧いただいて何を連想されますか?

まず、「2」なんですが、一般的なサラリーマンの生 涯年収2億円を意味しています。

一生涯で稼げるお金が決まっているので、私達は その資金でやり繰りをしていかないといけない訳です が、住宅は人生三大支出とも呼ばれており、「住宅ロー ン、教育資金、老後資金」のうちの一つでもあり、そ の中でも大きなウエイトを占めています。なので、何 回も建て直す事はできませんよね。まさしく、家は一 生に一度の買い物になってしまったという事ですね。

ですから、住宅でコケてしまいますと全てがコケて しまいますので、家づくりは重要な選択なんです。 なので、家づくりは、建て方じゃなくて、家の買い方! つまり、住宅ローンの選択を間違えてしまいますと人 生設計そのものがおかしくなってしまいますので、そ れと合わせてライフプランがとても重要です。

次に「65」なんですが、この数字は今現在案内されている年 金受給開始の年齢です。ただし、今日現在65歳とアナウンスを受けておりますが、正 直なところ、将来どうなってしまうのか?心配なところですよね。

ちなみに、老後にかかる資金って、いくらぐらいかかるかご 存知ですか?

6000万~8000万は必要だ!と言われております。ところが、年金の受給額って、2000年の時点で20歳の方で、5000万なんですけど、実際6000万支払って5000万なんで、 その時点で1000万目減りしている訳なんですが、まっ それ は一旦ヨコにおいときまして、8000から5000引くと約3000 万円は老後の為に貯蓄しておかないといけ ない!と言う事なんです。

という事は、住宅ローンを払 い続けながら教育資金も捻 出しつつ、老後の資金も貯 蓄しておかなければいけないと言う訳なんですね。

最後は「85」です。これは、平均寿命の事 なんですが、年々平均寿命は上がっておりま して、なんと、今年10歳の子達の時代には、100歳を超えるとまで言われております。これがどう言う事を意味しているか分かりますか?

人間が長生きになったという事は、その人間が生活を送る住まい、すなわち家も長生きでないと困ると言う訳です。

つまり、どう言う事かと言いますと、最初に言いました通り、家は一生に一度の買い物な訳ですから、自分の寿命のあるうちは、最低限、住んでいられなければいけない訳です よ。なので、丈夫で長持ちの家を建てないと いけないという事ですよね。

なんて思ってしまいそうですが、実は家さえ建てておけば将来その家が年金代わりになる日がやってくるので、住宅ローンを払い終わると、建てた家が金融資産になると言う訳なんです。

すごいと思いませんか?そんな事ができたら一石二鳥ですよね。家を建てるなら絶対に「長期優良住宅の認定を取得すること」と覚えておいてください。

UPCOMING EVENTS
近日開催のイベント

CONTACT
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-448-296

8:00~18:00(定休日 / 日・祝祭日)