ワタショウが考えるリフォームとリノベーションの違いとは?

住宅リフォーム

ワタショウではお客様と長くお付き合いをしていくことで当然メンテナンスが必要になってまいります。あくまでそのメンテナンスの延長線上にリフォーム・リノベーションがあると考えています。
一般的に木造住宅の寿命は30年から80年と言われていますがあくまで構造体の部分のことです。新築をしてから何十年と経てば、家族の形態も変化していきます。また住設機器の寿命や技術革新などがあります。
そうした変化が起きたときに、より住みやすい家にするためには間取りの変更が検討されます。特に老後の暮らしやすさを考えると、段差の解消や水廻りの位置を変更することなど、バリアフリーに配慮した住宅へのリフォームが望まれます。
又築30年以降に大きな生活の変化や時代の変化に対して、構造体を残して用途や機能を向上させ新たな価値を高めることがリノベーション(大規模改修)となります。


ワタショウの家づくりとは?

ワタショウ 資料請求(無料) 電話をする

ワタショウの家づくり

ワタショウのリフォーム

最近読まれている記事は?

内覧会の予約はこちら