2019.07.05

トレッティオ・グラード(TRETTIO GRAD)の特徴をまとめてみました。

家づくり

トレッティオ・グラードとは?

トレッティオ・グラードは、考え抜かれた設計が特徴です。端的に伝えると以下の6つが絶妙なバランスで釣り合っているということがわかります。

①予算
②デザイン
③間取り
④構造
⑤性能
⑥メンテナンス

これら6つのポイントが絶妙なバランスで釣り合っている状態、それが TRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)です。例えるならサイコロですかね。6面のバランスが整い、このうちどれかだけが突出してしまうと形状が崩れて転がらなくなってしまう。

30代の家族のための家づくりです。

このTRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)には住まわれる方のイメージがあります。それは、30代の家族の為の家づくりです。この家に住まわれる方は2人~4人のご家族(ご夫婦+お子様が1人~2人)でお子様が2人を超えてくるとまた考え方が変わってきます。また、身長が145cm~190cmまでの方で、もし2mを超えるご家族がいらっしゃるのであれば、また他を考えなくてはなりません。

考え抜かれたサイズ・デザイン・価格のバランス。

このTRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)の開発には選ばれし人たちが携わってまいりました。その方達が莫大なヒューマンデータを基に莫大な予算と時間を掛け考えに考えぬいた住宅です。もしかしたら通常の注文住宅よりも行きつくところ、ずっと住み心地の良い家に仕上がっていると私は思います。既製品には考え抜かれたサイズ・デザイン・価格のバランスがあり、美と機能性を兼ね備えています。

TRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)はファッションに例えると(S・M・L)サイズといくつかのカラーバリエーションがあり言うなればデザイナーズブランドであります。一般の方は、例え生活が裕福な方々でも通常オートクチュールを購入しない。優れた既製品に対して価格の合わないオートクチュール(注文住宅)を購入する理由がないからです。

また、料理に置き換えてみました。レストランは一流になればなるほど、シェフのお勧めコースを頼む方が多い。ベストなバランスを持ち、感動的なストリーを産むのはアラカルトではなくシェフが考え抜いたコース料理であるから。アラカルト(注文住宅)が高級で良いものだという概念を捨てるべきだと思います。

間取りはどうなってるの?

間取りの基本構成は、玄関・リビング・ダイニング・キッチン・寝室・キッズルーム・トイレ・バス・サニタリー(脱衣場と洗面所は分離)・クローゼット☆客間(和室・仏間)、廊下(通路)は贅沢ポイント。いるか?いらないか?で床面積が大きく変わる。決定的に予算が跳ね上がる部分です。

このTRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)は廊下をつくらずに、いかに次の間に自然に移れるか?を実現しています。唯一2階の踊り場から寝室に行くところ(図面上❶)には廊下と呼ばれる部分はありますが、その他にはない。

『推定2~4人住まいの建物で、このリビングは狭いですか?』

座って半帖寝て一帖と言う言葉がありますけど、これを外すのであれば図面は何とでもなりますがそしてこのダイニングです。この推定4人掛けのテーブル、離せば6人掛けになるテーブル(図面上❷)、これ以上大きなテーブルがいりますか?同時に、推定2名~4名の家族にこれ以上のキッチンがいりますか?これで十分かと思います。どう考えても面積はこれで十分なんです。

決定的な贅沢ポイントは、和室スペース。

はたして、お客様を呼ばなければいけないお家なのか?呼ばなくてもよいお家なのか?または、呼びたいご家庭なのか?そうでないご家庭なのか?それによって大きく変わります。呼ばなければならないお家は、おそらく長男さんでしょう!ですとこれでは合わない可能性があります。

その場合はTRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)には該当しません。その際は、他を探しましょう。ときに、この4帖あれば十分だろうなと考えます。おそらく想定できるのは1名の泊り客、2名は受け付けない、そのように解釈します。そして1名が泊まる時には、玄関との間に2枚のついたてを持ってくればプライバシーは保たれ寝てもらう事ができる。

当然、家で飲んだ後でも泊まっていただく事ができると言う解釈です。その他、この和室は次のような使い方もできる訳ですが、ちょいの間ですね。玄関に入った時に立ち話はなんなのでと通す事ができるちょっとしたスペース、そう思わせるような程よいスペースなんです。

リビングと玄関・客間のバランスを考える。

畳の客間なんですけど、視界てきに玄関の一部に見えてしまう、これがこの間取りのイイところです。そして反対を見たらリビングと一体になっている。そしてリビングに入ってリビング側から見た時に玄関も和室をリビングの延長に見せてしまう、そのために壁を付けていない訳です。全部一体に見えるように。で普通は、玄関は玄関、客間は客間、居間は居間、これを良い意味であいまいにしてしまう。

洗面所と脱衣所は?

つぎに洗面所と脱衣所の関係ですが、通常様式的には一体にするケースが多いです。けれどあえて別にしています。

これがプライベートを守れる空間になっています。キッチンの横に洗面所がありますけど、もし泊り客があってもここで家族と分ける事ができます。それは家族の中でも同じことです。ここが一体になっているか、いないかでこの家の付加価値は大きく変わります。

階段途中のスキップフロアはどう使う?

そしてつぎに階段途中のスキップフロアです。

どう使うここ?そういう場所です。実はこの家にはどうつかおうが2つあります。それは、1階の客間(図面❸)とこのスキップフロアーです。(図面❹)
このどう使おうがお客さんに感じていただける決定的な贅沢ポイントです。全ての機能をこう使うんだよ!と決めつけられたのでは贅沢さ加減は演出できません!だけどこの曖昧なスペースをこんな使い方もありますよ!あんな使い方もありますよ!といった感じでイメージを膨らませる事ができたら楽しくなってくると思います。

このグラードの間取りにはこの限られた面積の中でこのどう使おうの贅沢ポイントが込められています。おそらく、最初にも言ったように廊下をつくって玄関は玄関、居間は居間、客間は客間といったような間取りになってくると最低1階の間取りはこの1.5倍は必要になってくるでしょう。それが、全部この間取りの中に集約されている。これがTRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)の特徴ではないかなと思います。

2階の寝室がまたおもしろい。

次に2階ですが、この寝室がまたおもしろいです。この南側の窓際のデッキですが、これが丁度ベンチぐらいの高さになっています。ベットの横にベンチがありそれがサッシをまたいで外までつながっていきベンチが広がっていく感じ。このベンチにはクッションを置いてもらいたい、コーヒーカップを置いてもらいたい、植物も置いて欲しい…このように演出する事でこの寝室が窓の向こうまで広がったような錯覚を起こす事ができます。

トレッティオ・グラードのまとめ。

ムダに広くしない、なんでそんなに広くしたいんですか?なぜそんなに遠くに座りたいんですか、家族なんだからもっと近くで暮らしたらイイじゃないですか?そんな無駄なところにお金を使わないで、もっと家族と楽しめるものにお金を使えばいいじゃないですか?家のコストは抑えて・・・という具合に、ここからはみ出した部分の真の必要性を予算と照らし合わせて分析してみる。そうする事でTRETTIO GRAD(トレッティオ・グラード)が万能性・合理性に優れている事をご理解いただけるかと思います。

参加無料 個別相談受付中。

『頭金って、どのくらい必要なの?』『土地が見つからないけど探してくれるの?』など、家づくりのお悩みのことを相談できるワタショウの相談会。郡山三春エリアの方はもちろん、はじめての方でも大歓迎です。

LINE@で簡単予約できます。