2016.07.04

子ども部屋の間取りで最も悩みの多いのは?間仕切りは撤去できるように。

家づくり

160428_16

まず、何部屋必要か?どれぐらいの大きさにしようか?続き間でよいか、それとも間仕切りが必要か?どの方角に配置しようか?悩みの多い子供部屋。

最近の傾向としては、住宅自体が省エネでコンパクトな間取りが増えてきたので、子供部屋そのものが、あまり大きく取れなくなってきました。

それと、コミュニケーション重視の世帯が増えてきたせいか、子供部屋は、学校の道具類が収納できる程度の収納と寝る場所さえあればいいという観点から、3帖程度の広さがあればあとは十分と言うご家庭が増えております。

結局、余裕のある広いスペースを与えてしまいますと居心地が良くなってしまい、結果、自分の部屋に引きこもる時間が増えてしまうからです。最近は、勉強もリビングなど、ママの目の届く場所でする事が多くなっており、そこまで、広いスペースがいらなくなっています。

もしくは、寝る部屋と勉強する部屋を分けて配置し、勉強部屋は兄弟がいれば子供立ちが共同で使える共有スペースとして一緒に勉強する事で、お互いに思いやりの心や競争心がめばえる事もあるかもしれません。

それから、よく聞かれるのが部屋の間仕切りですが、最初は部屋も広く使えるようにオープンにしておいた方が良いか?それとも、最初から間仕切った方が良いか?

悩みどころですが、お子さんの性別や年齢によってもタイミングが異なるでしょうが、お子さんが巣立ってからも広い空間として使えるように、間仕切りは撤去が可能な構造をお勧め致します。

そんなときに読みたい絵本を無料でお届け中。

今すぐ申し込む→

ワタショウに資料請求すると、なぜ工法やデザインについてではなく『こんな絵本』が届くのか?

ワタショウに資料請求をすると、よくある工法やデザインのカタログは届きません。なぜでしょうか?

教えて、社長!→


\後悔しない『家づくり絵本』プレゼント中/

*時期により内容が異なる場合があります。

無料資料請求フォーム

ご氏名 必須

送り先住所 必須

メールアドレス必須

備考欄

\入力内容をご確認の上クリックしてください/

\オンライン相談受付中/

小さなお子様がいる方や、ワタショウまでのアクセスが不便な方・共働きでご夫婦の予定がなかなか合わない方のために、オンライン無料相談を実施しています。新築・リフォームのことはもちろん、資金計画に関するご相談も受付中。はじめての方や短時間からのご相談でも大歓迎。まずは下記よりお気軽にお申し込みください。